SexyZone 松島聡

幼なじみ厨のひとり言

アイドルを応援するスタンスは人それぞれで、リア恋枠なんていう言葉があるけれど当方はKing&princeの岸優太くんのことを幼なじみだと信じて疑わない。

最近の音楽番組は岸くんが幼なじみじゃない事を自覚してしまいそうで見れていない。もはやアイドルの岸くんが好きなのか妄想で作り上げた岸くんが好きなのかもわからないくらい「幼なじみの岸くん」が好きだ。リア幼なじみ枠とでもいうのかな?

(そんな言葉あるのかよ)(そもそも幼なじみじゃねーよ)

 

ということで(?)今回は幼なじみ厨の胸にブッ刺さった曲の感想を話したいと思います。※岸くんと幼なじみである事前提で話をします

 

夢が叶ってしまっても

/リリィ、さよなら。

あの頃は何も、お金もなくて 僕らには果てしない未来だけがあって
いつも真夜中の喫煙所で二人 缶チューハイ片手に笑い合ったりして

遥か線路の向こうに 夢を語りながら 明日もこうして変わらない日々が ずっと続くように願っていた

 

f:id:omoideryukku:20180801023738j:image

この岸くんと笑い合ったり夢語らうの想像できすぎる

ほら、片手に缶チューハイ持ってるように見えません?

 

例えば僕の夢が叶ってしまって
でっかいでっかいステージで拍手をもらった夜も

この「僕」がこんなに当てはまる人いる?!ってくらい岸くんで鳥肌が立った

もうすぐ「僕」の夢は実現するね

嬉しいことのはずなのに“叶ってしまう”って表現しているのは何か悲しい事があるからなのかな?夢が叶う事と同じくらい大事な事ってなんだろう

 

例えば君の夢が叶ってしまって
お金持ちでエリートな大人になった日も

また“叶ってしまって”…

この部分はめちゃくちゃ幼なじみの顔して聞いてる(小声)

 

それでもずっと側にいて

大丈夫だよって

いつまでも安酒で笑い転げたまま朝が来ちゃったような 昨日みたいに

「飲みにいこう?」
「また明日。」
「楽しかった。」
「ごめんね。」
何回も繰り返した沢山の言葉

「ごめんね。」しんどい〜〜〜〜!

でも夢が叶う事と同じくらい喫煙所で笑い合った時間を大切にしてくれてる幼なじみの岸くん(泣)それを想像するだけで胸がギュッとなる。あ〜言いたい、好きって言ってしまいたい

 

だけどきっと  僕がきっと
君に最後に 伝えたかったのは

一つ

曲中では言っていないけどその「一つ」が自分と同じのだったらいいのにって死ぬ程思った 

 

岸くん何を言おうとしたの〜〜!

 

あの頃は何も、お金もなくて 僕らには果てしない未来だけがあって
いつも真夜中の西口喫煙所で二人 缶チューハイ片手に笑い合ったりして。

ここの解釈はそれからしばらく時が経ってデビュー10周年とかにまたあの頃のことを岸くんが思い出してくれてたら嬉しいな〜〜って

(欲を言えば迎えにきて欲しい)

f:id:omoideryukku:20180801025655j:image

 

 

結局、歌の紹介がしたいのか、岸くん本気幼なじみ卒業したいのか、なんなのかよくわからないけど…いつかは妄想で作り上げた幼なじみじゃなくて現実のスーパーアイドルの岸くんを受け入れてでっかいでっかいステージで拍手したいなと思ったよ

 

岸くん、デビュー本当におめでとう